Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ドクターX、大門未知子の人気はデータで基づく。

大門未知子のセリフで、「そのオペ私に切らせて!」。
最終的には「私、失敗しないので!」が
患者には安心できるので一番人気で、好まれています。

 

 

女医のドラマが視聴率平均20%超えと、
人気が伺えます。

 

例えば、あなたが病気になったとき、診察、治療を
男性の医師と、女性の医師のどちらに
見てもらいたいですか?

何となく、男性かなと思いますが
今回のデータとしては、結果は違っていました。

 

 

病気が治った、治らなかったではなく、
治療からの死亡率のが低い方が、
どちらかかかのデータです。

 

結果として、次のようになりました。

 

「女性医師が担当した入院患者と、
男性医師が担当した入院患者よりも、
女性医師が担当した方が死亡率が低い」と、
衝撃的なニュースが学会より発表がありました。

 

Dr.大門未知子の決めゼリフの
「私、失敗しないので!」が単なるセリフではなく、
安心感がましてきました。

 

米国医師会の学会誌で発表された論文が今話題です。
Dr.Xの大門未知子の視聴率を後押しか?

 

女性医師が担当した患者の30日死亡率は10.8%、
男性医師が担当した患者の30日死亡率は11.2%。

 

再入院率は女性医師14.6%、男性医師15.1%。

 

 

 

何故、女性医師に診てもらった方が安全なのか?

 

その理由は、男性医師よりも女性医師の方が
質の高い医療を提供していると言うのです。

 

ドラマでは、専門医のライセンスと叩き上げの
スキルだけが彼女の武器・・・スキルの高い
女性医師として紹介されています。

 

 

女性医師は、診療ガイドラインなどルールの
遵守率が高く、エビデンス(科学的根拠)に
沿った診療を行うほか、患者とより良い
コミュニケーションを取るそうです。

 

 

また、女性医師は専門外のことを他の専門医に
よく相談するなど、可能な限りリスクを避ける
傾向があるようです。

 

Dr.Xの大門未知子のセリフで、「私は覚えてますよ?
医者からしたら患者は大勢の中の一人かもしれないけど、
患者からしたら医者はあんた一人」。

 

「じゃあ聞くけどさ、この世に失敗が
許される医者がいてもいの?
医者は失敗しちゃいけないんだよ」。

 

なるほど、単なる女性医師のドラマは架空かも
しれませんが、米国医師会の学会誌で発表された論文が
裏付けとなって女性医師の方が安心と、
なんとなく理解できます。

 

医療関係のドラマを見る時の医師が男性か、女性かで
今までとは見る感じが違ってきますね。

 

 

 

ナース人材バンク

 

ナース人材バンクで高給与、好条件の看護師求人を探す

 

 

 

保存

保存

保存

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です